読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道くさのせかい

オタク気質だが、多趣味であるがゆえにオタクになりきれない人間がお送りする中途半端なブログ。手芸、音楽、ラジオ、アニメ、マンガなどのオススメをゆるっと更新。

「やめてみた。」を読んで ~気軽にやめてみよう~

読書

「やめてみた。」の内容 

 

わたなべぽんさんの本自体を読むのははじめてですが、本屋でダイエットや片付けの本を見かけたことはありました。

炊飯器が壊れたので土鍋でご飯を炊くことをきっかけに、メイク、スマホ、人間関係などさまざまなことをやめてみる、といった内容の本です。イラストもほんわかしていて、とても読みやすいです。

著者のわたなべぽんさんが謙虚かつポジティブな考えを持った方で、「私も試しにやめてみようかな」と思えるような影響をもたらしてくれる本です。

この本を読んで、そういえば私も昔やめてみたことあるな~と思い出したことがあるのでそれについて紹介します。

 

私もスマホをやめてみた。

私は去年の今頃、スマホを紛失しました。その日に行ったお店のどこにも届けられていなかったので、その日は警察に紛失届を出して家に帰りました。なので「やめてみた」というよりは「やめざるを得なかった」話です。

幸運なことにスマホは落としてから5日後(!?)に路上で発見され、警察に届けられました。その5日間私はスマホなしで生活しましたが、正直あまり困ることはありませんでした。家に帰ればパソコンからLINEを使うことができるし、普段スマホで確認していた時間は、腕時計をつけることでカバー。スマホを眺めていた移動時間はウォークマンで音楽を聴いたり、普段はしない読書をしたり。スマホが出てこなかったらどうしよう、という不安に比べたら、 スマホがないことで感じる不安はほとんどなかったです。

当たり前といえば当たり前ですが、たった10年前まではスマートフォンは存在しませんでしたし、なくても生きていけるわけです。その出来事をきっかけに、いかにスマホに依存しているのかを思い知らされました。ただ、一か月も経つとそんなことを忘れてスマホ生活に逆戻りしてしまったですが…

「やめてみた。」のおかげで一年前のことを思い出すことができたので、スマホと自分との関係をもう一度考え直してみたいと思います。

 

気軽に「~をやめてみる♪」ことの大切さ

わたなべぽんさんはこの本のなかで31のことを「やめてみて」います。別にやめなくてもいいのがミソです。

実は、我が家でも炊飯器をやめてみました。わたなべぽんさんを見習って、土鍋でご飯を炊いてみたのですが、おそらく水の量が足りず、硬くて炊飯器で炊いた方が美味しいな、と思えるようなお米が炊けました…ネットで調べた分量通りにやったのに…

ただ、炊飯器のありがたみを知れましたし、水の量を変えてまたリベンジしてみたいなと思っています。 

こんな感じで、日々の何気ない暮らし、当たり前の暮らしをいったん立ち止まって考え、試しにやめてみることはプラスになるなあと感じました。

 

ブログをはじめてみた。

気軽にやめることが大切なら、気軽にはじめることも大切だ!と思い、このブログをはじめてみました。三日坊主の私が毎日更新できるはずがないので、マイペースに更新できたらなあと考えています。すぐに「ブログをやめてみた。」という記事が更新される恐れもありますがものは試しということで。

 

【本日の一曲】

春一番/ゆず 「もうすぐ春ですね 恋をしてみませんか」

 


春一番 ゆず~ふたりのビッグ(エッグ)ショーver.~

 

amazonYoutubeのリンクを貼れたことにとても満足したので今日はこの辺にします。

 

ありがとうございました。